返済方式の違いについて

ここでは、返済方式の違いについて に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■当サイトではレディース専用窓口のある、おすすめのキャッシング会社をご紹介しております♪
各社商品の比較・検証ができるレディース専用キャッシングの総合情報サイトです♪
また、キャッシングに関する基礎知識やお役立ち情報もご用意♪
分かりにくい専門用語については用語集を辞書感覚でご使用くださいね♪

一般的に利用されている返済方法です。

アドオン返済

支払総額(元金+利息)を返済回数で割って、毎回の返済額をあらかじめ決める返済方式。
「元金均等方式」や「元利均等方式」と違い当初の金額を元に利息計算される為、利息負担が割高になります。

約定返済

契約時点で「毎月いくら返済する」というように取り決められている返済予定のこと。

元金均等方式(がんきんきんとうほうしき)

借り入れ元金を返済回数で割った金額に、毎月の利息を加えた額を返済する方式。
利息は元金の残高に対して発生するので、返済回数が進むにつれて毎月の返済額が減っていく仕組みになります。

元利均等方式(がんりきんとうほうしき)

毎月の返済額(元金返済分+利息充当分)を一定額に設定し、内訳(借り入れ元金部分に対する支払額とその利息分)のみを変化させる返済方式。
返済当初は利息充当分の割合が高く、返済が進むにつれ元金返済分の割合が大きくなるのが特徴で、住宅ローンなどの高額のローン返済に用いられることが多いです。

リボルディング方式

通称「リボ払い」といいます。
月々の返済金額を一定に設定したうえで、利用金額に応じて借金返済回数が決まります。
リボルディング方式は、支払額の算出方法によって下記のように更に細かく分類されます。

元利定額リボルディング方式

「毎月1万円」など、あらかじめ決まった定額(元金+利息)を支払う方式。

元金定額リボルディング方式

毎月、あらかじめ決まった定額と別に支払利息額を支払う方式。

元金定率リボルディング方式

毎月定額と別に、利用残高・日数に応じた利息を支払う方式。

残高スライドリボルディング方式

限度額が高額なカードの場合に、元金の残高が減らないことがないよう、毎月の返済額・最低支払額が借り入れ残高に応じてスライド(変化する)返済方式。
スライドされる部分によって下記のように更に細分化されます。

残高スライド元利定率リボルディング方式

借り入れ残高によって定率がスライドする(変化する)方式。

残高スライド元金定額リボルディング方式

借り入れ残高によって利息を含まない定額がスライドする(変化する)方式。

残金スライド元利定額リボルディング方式

消費者金融では最も多く採用されている返済方式です。
借り入れ残高によって、返済額(定額+利息額)がスライドする(変化する)方式。
単純に「残高スライドリボルビング方式」と記載されていることが多いです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。