キャッシングの概要について

ここでは、キャッシングの概要について に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■当サイトではレディース専用窓口のある、おすすめのキャッシング会社をご紹介しております♪
各社商品の比較・検証ができるレディース専用キャッシングの総合情報サイトです♪
また、キャッシングに関する基礎知識やお役立ち情報もご用意♪
分かりにくい専門用語については用語集を辞書感覚でご使用くださいね♪

キャッシングとは

一般的な銀行での融資とは違い、基本的に無担保で利用者の確認と信用情報に応じてスピーディな貸付を行なう融資をキャッシングと呼びます。

利息は利用日数により計算され、借入から返済までの利用期間が短ければ利息も少なくて済むという仕組みになっています。

基本的にカード発行の手数料やカードの年会費は必要ありません。

また、通常店頭で行われるキャッシングの申し込みや契約をインターネットサイトから行えるサービスをインターネットキャッシング、ウェブキャッシング、オンラインキャッシングなどといいます。

自宅などにあるパソコンから申込みが可能なので、誰とも顔を合わせずに手続きをする事が出来るというメリットがあります。

審査は通常の店頭申し込みと変わりはありません。


キャッシングの審査について

審査基準は運営会社により異なりますが、基本的には、満20歳以上の安定した収入がある人ならほとんどの人が利用可能です。

正社員に限らず、パートタイマー、アルバイト、派遣社員や、自営業、自由業でもほとんどのサービスで申込み可能です。

専業主婦の場合でも、本人に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば申込み可能な場合もあります。

また、年金生活者でも申込みできる会社もあります。


キャッシング申し込みの流れ・借り方

インターネットでのキャッシング申込みの一般的な流れは下記のようになります。

1.各社のホームページで入会条件や利用規約、商品、サービスの内容を確認します。

2.申込みフォームに必要事項を入力し、情報を送信します。

3.申込み当日か翌日に、本人の意思確認審査の可否がメールもしくは電話で連絡されます。即日振り込み融資を実施している場合はこの時点で指定の口座にお金が振込まれます。

4.後日、契約書類が郵送されます。必要事項を記入して返送します。

5.契約書類返送後、2~3日程度で契約書控えや会員カードが送付されます。会員カードはCD/ATMで利用できます。

※上記は一般的な流れですから、実際のお申込みの際は、各社のホームページでご確認下さい。


キャッシング返済方法の種類

返済方法には、主に以下のような方法があります。

・ATMから入金(各社ATM/提携ATM)
・指定された銀行口座へ振込み
・口座振替
・各社店頭窓口で支払い
・コンビニエンスストアのレジから返済
・現金書留による送金

ATMからの返済が手軽で便利なのでニーズは高いですが、金融会社によって返済方法が限られていることもあります。


キャッシングにおける保証人や担保について

キャッシングを利用する際には、原則的に担保・保証人の必要はありません。

ただし、利率の低い目的別ローンなど、キャッシングの種類や融資額、プランの違いによっては保証人や担保を求められる場合もあります。


キャッシング各社の系統について

キャッシングは運営母体により下記のように大別できます。

1.銀行系  2.信販系  3.消費者金融系

ここでは、銀行系・信販系・消費者金融系を利用した場合のそれぞれのメリットとデメリットについて比較していきます。

1.銀行系
【メリット 】 他の金融機関に比べて、金利が安い場合が多いです。

【デメリット】 融資までの時間が長かったり、銀行への訪問や提出必要書類など、利便性が良いとは言い難いですが、最近はインターネットで手続きが出来るサービスも登場しています。

2・信販系
【メリット 】 既にカードを所持していれば、新たな申込み手続きは不要です。クレジットカード自体の機能としてショッピングやポイントサービス等、 サービスも充実しており、利便性に優れています。

【デメリット】 銀行に比べると高金利の場合が多いです。ご利用の際には実質年率をご確認ください。

3.消費者金融系
【メリット 】 利息の計算が日割り計算のため、短期間での返済が可能な場合は、消費者金融でのキャッシングのほうが金利が少なく済む場合もあります。

【デメリット】 最近では大手銀行系の会社も多く、テレビCM等でお馴染みの会社も多くありますが、やはり銀行融資に比べると高金利です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。